キングダム、みてきた!

LINEで送る
Pocket


さて、ずーっと前から公開を楽しみにしていた映画、キングダムが公開したので観に行ってきました。

私はネットカフェや温泉行った時の漫画コーナーで少しずつ原作読み進めてる人なんだけど、映画はすでに原作で読んでしまったところだったのでストーリーは全て知っているという状態。とてもきりが良いところまでで終わる感じでした。

まず、キャストについての感想なんだけど、全員ぴったり!山崎賢人にいない。と思えるくらい信にぴったり。元々細身なのに、更に体重をしぼって、筋トレで極細マッチョで目力があるところもぴーったりでした。ちょっとアホなチンピラ感がすごかったけど、うん、とにかくぴったり。

あとは嬴政役の吉沢亮もぴったりすぎでした!漂が息絶えた後に、信が初めて嬴政に会うシーンは、原作を思い出してゾワゾワする感じ。凜とした嬴政の雰囲気と、漂との演じ分けに感動しました。

本郷奏多くんは、バラエティに出るときの偏食キャラとか、ガンダム好きなところとか、人と違ってぶっ飛んでる人間性がとっても好きで、何を演じていても無条件で彼がすきです(笑)

ストーリーは原作にとても忠実。そこは原作を読んでる人に違和感や裏切り感を与えず、かつ原作へのリスペクトを感じてとても良かった!邦画に限らず、ドラマとかでもそうなんだけど、ワイヤーアクションのあの不自然な感じって、この先改善されていくのかな。信や、楊端和のジャンプシーンが私はだめ。

戦闘シーンを多めに、でも飽きさせないように作られていて、それによってキングダムらしさが出ていました。原作を読んでいなくても楽しめる作品だと思います。目指すは中華統一!あの終わり方で続編が出なかったら残念すぎるから大ヒットになってほしいな~。るろうに剣心くらい続々、お願いしたいところです^^楊端和がかわいいという声ばかり聞くけど、左慈のキャラ、キャスティング、ファッションが良すぎて。。。坂口拓さんが素敵すぎた。ということで、みなさんも是非、左慈との戦闘シーンを楽しみに映画館へ行って観てほしいです! おわり。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です