小湊鉄道で菜の花とトロッコを満喫してきた

LINEで送る
Pocket

日曜日、天気にも恵まれたので鉄道に乗って、写真もたくさん撮ってきました。
乗った鉄道は、同行者一押しの「小湊鉄道」という鉄道です。




小湊鉄道とは

小湊鉄道は、JR内房線と接続する千葉県市原市の五井駅より、いすみ鉄道いすみ線に接続する夷隅郡大多喜町の上総中野駅まで39.1kmを運行している。

春になると沿線沿いの桜や菜の花がローカル線とのコラボレーションで素敵な景観を魅せてくれる。(まとめサイト

小湊鉄道旅の始まりです

鉄道に乗るため、五井駅にやってきました。ここで1日フリー乗車券を購入します。途中下車も出来てのり放題で1800円です。
車両が既にとまっています。来る途中に見かけたバスと同じカラーだ。
駅で色々写真を撮っている間に、車内には座る席も空いてないくらいに観光客が乗車していました。というわけで、次の電車を待っていると時間がもったいないので、立ってでもいいので乗車します。小湊鉄道で出発~

 

里見駅でトロッコ列車がやってきました。
乗っていた車両が止まり、お弁当売りのおじさんが乗車してきて

「はい、あと5分くらい停車してますので、その間にお弁当いかがっすかぁ~!」

と言うので、ホームに降りて皆ここぞとばかりに撮影します。5分も停まってるんなら余裕だね!

と、余裕をかましておりましたら、なんと5分とたたずに電車出発(笑)
お弁当のおじちゃん、いい加減すぎる。普通に電車行っちゃったらどうしてくれる!

菜の花スポットでは、カメラを構えた人たちが沢山。車内からだとガラスの反射があり、菜の花がうまく撮れませんが、あちら側からは、菜の花×電車のコラボの素敵な写真が撮れているんでしょう。この旅では撮り鉄さんを多く見かけました。

養老渓谷駅に到着です。駅の外ではマーケットも出店していました。気になるけど、後から戻ってきてのぞくことにして、目的地へ向かいます。

鉄道と同じ色のバスに乗車して、粟又の滝へ向かいます。鉄道とまた違った良さがあります。山道をバスで進みます。

戻るときの心臓への負担を考えると躊躇してしまう角度の坂道でしたが、ダムと滝がとっても好きすぎる私は、滝へ行くことを選びました!

マイナスイオンよ、待っていろよぉ~!

水量、少な!(笑)

同行者一押しの滝でしたが、これまでに3度来たことがあるけどこの日ほど水量が少ない滝は初めてだと言っていました。うーん、滝運が無かった。よって、滝への興奮も無く、この旅で一番残念な点となりました。

戻りはハーハー言いながら、何度も小休憩しながら坂を登りました。

緑と雲と空が綺麗です。飛行機が写っているのですが、見つけられますか??

 

山の中だけど、お昼ご飯はどうする?

そろそろお腹も空いてきたので、滝の入り口の前にある軽食を取れるお店で済ませてしまうか、同行者と一緒に迷いましたが、結局滝から歩いて5分程の場所にあるお店でお昼ご飯を取ることにしました。(こっちのほうが景観が良さそうだったので)

 

いちぼう茶屋です。
麺類や、甘味、軽食を食べることが出来ます。
食券機で券を買い、店員さんに渡します。
ちょっと寒い日でしたが、写真を撮りたくてテラス席にしました。

山菜うどん750円をテラス席でいただく。湯飲みは今話題に事欠かない、おすもうさんの名前入りで若乃花(古い)の湯飲みでした。味は普通でした。

テラスはとても綺麗な緑の中にあり、この日は肌寒かったのですが、もう少し暖かければ涼しくて気持ちよさそうです。甘味を食べて休憩するのには良さそうです。

 

小湊鉄道午後の部へ

養老渓谷駅に戻り、トロッコ整理券を購入しました。乗車券はフリー切符があるのでいいのですが、トロッコに乗る場合は500円のトロッコ整理券を購入しなければなりません。

 

乗車整理券、こんな感じです。素敵ですね。10分程トロッコが来るまで時間があったので、到着したときにゆっくり見れなかったマーケットをのぞいてみると、ジェラート屋さんがあり、ダブルで300円と書いてあったので迷っていると、お店のおじさんが

「このイチゴのジェラートはうちの家族が作ったイチゴで、うんぬんかんぬん。。バニラのジェラートはこの近くの農場から直接仕入れた、うんぬんかんぬん。。」

と、棒読みの説明でごり押しされて、断れなくなり300円でジェラートを購入してみました。

すごい大盛り!どうやらサービスしてくれたみたいです。そして、味も美味しかったです。ちょっと肌寒い中、トロッコが来るまでになんとか食べ終わり、今度は乗車することが出来るトロッコをお迎えします。

京都に引き続き、今年2度目のトロッコ列車です。

トロッコだと、撮影するときに遮るガラスがないので綺麗に写真を撮ることが出来ます。曇っていると寒いけど、もう少し暖かいと風が気持ちよさそう!

一番の人気菜の花スポットでは、ウエディングフォト撮影中のご一行もいました。

各都道府県でそれぞれ、ここっていうウエディングフォトスポットってあると思うのですが、菜の花畑って絶対写真映えしますよね。ナチュラルな感じの素敵な写真になるんだろうなぁ。カメラマンも撮るの楽しそうですね。

月崎駅で下車して写真を撮ることにしました。

駅舎の窓がすごく良い感じです。

そして、駅舎の中でふと上を見ると、こんな家族の家がありました。

餌を雛に食べさせている様子。ほのぼのすぎるぞ~

アイキャッチ画像はここで撮影したものです。
レトロな駅舎っていいですよね。

次に上総大久保駅に戻り途中下車しました。

小学生が描いたトトロの絵が駅舎の壁に描いてあるのですが、トトロでは人気のシーンの、さつきとトトロがバスが来るのを傘をさして待っているシーンの絵があります。そこに自分も座って撮影するのが女子たちに人気のようです。
そんなことはつゆ知らず、それをせずに駅周辺を散歩しながら撮影して遊びました。

駅舎の向かい側には手作りブランコがあり、実際に乗っている写真を撮影することが出来ます。

もちろん乗って写真を撮ったのですが、ブランコってみんな童心に返りますね。わたしも思いっきり最高の笑顔になっていました。ちょっと乗り心地はいまいちですが、写真はおもしろい写真が撮れるので、ぜひこれをごらんになった方には乗ることをお勧めします。

ブランコがある側から駅舎にいるところを撮ってもらいました。人が入ることでいい雰囲気の写真になります。

上総大久保駅は、ほとんど車が通りません。ほんとに何もない駅なので、乗客も降りる人が少ないです。ブランコがある側では、ピクニックをしているカップルがいました。わたしもお弁当を持ってこの静かな駅でのんびりしたいなぁ~と思いました。

帰りの電車の車内では、寝ている人が多かったです。確かに、田舎なので徒歩で移動することが多く、帰りは歩き疲れて寝てしまう人が多いのでしょう。私も少しだけウトウトしてしまいました。そんなウトウトも、してしまってもスリなどの心配が少ない日本は、平和で素晴らしいですよね。

以上、小湊鉄道菜の花とトロッコ列車満喫の旅でした!

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です