転職が決まって引っ越しするとき、どうやって業者を決めたか?実体験をお話します

LINEで送る
Pocket

前回は転職エージェントを利用して転職先が決まったところまでご紹介しました。
今回は、引っ越し業者探しと住む家(物件探し)について実際の体験をご紹介したいと思います。




引っ越し業者探し

私は物件探しよりも先に探し始めたのが引っ越し業者でした。

転職先は決まっていたので、会社近くのエリアの物件にするであろうという想定でまず探し始めることにしました。

まず、インターネットで引っ越し一括見積りをしてみました。

一括見積りサービスについて

引っ越し一括見積り」は、一度で多数の引っ越し業者と連絡を取れるので便利ではあるのですが、問題点もあります。

 一括見積りで連絡先を知られてしまうことにより、閑散期などだとしつこく連絡がくる可能性があります。

私が住んでいたエリアの場合は、対応出来る場所に拠点がある引っ越し業者が限られており、3社から選ぶしかないという状況だった為、一括見積でもしつこい勧誘等は無く、問題ありませんでした。

見積りの申し込みについて

見積サイトで、まだこの段階では想像でしかありませんが、だいたいの引っ越しの荷物の予想を入力していきます。

例えば、洋服等をつめた段ボールが10個、チェストが1個、机が2個、扇風機が1台。。のような感じですね。

すると、サイトによってはおおよその見積額がすぐ出たり、もしくは荷物の量と時期から、この位かかりそうという見積が送られてきたり、電話で見積料金の案内がきたりするという流れになります。

実際に家にきて見積りしてもらう

メールもしくは電話での見積りで業者を絞り込んだら、実際に荷物の量や大きさを業者の営業が家に来てリアルな見積もりをしてくれます。

私は、まだこの段階でも引っ越しする物件が未定だったので、引っ越し予定のエリアまでの配送ということで見積もってもらうことにしました。引っ越し先が、あまりに見積りのときのエリアと離れていなければ(隣町とか)料金は変わらないようです。

当時は実家に住んでいたので、実家の2階にある自分の部屋に通し、実際に運んでもらう荷物を確認してもらいました。

荷物の確認が終わると、営業の方が荷物の詳細、引っ越し元住所、引っ越し先住所をノートパソコンに入力し、実際にかかる料金を提示されますが、ここで重要なのが、他社の見積り料金です。

家電量販店と同じで、少しくらいの差額であれば安くしてくれます。

私は、ハート引っ越しセンターとヤマトの見積りを先に取っておいて、その額を提示したらそれよりも安い額を提示されてサカイ引越センターにしました。

契約

他社より安い額で、日程も確定したので契約することになりました。
サカイ引越センターでは、CMでもやっていますが、契約時にお米をプレゼントしてくれます。

また、洋服や荷物をつめるための段ボールもこのときにまとまった数をいただけるので、自分で段ボールを準備することなく引っ越し準備を進めることが出来ました。
布団も何組あるか事前に聞かれ、布団袋も1枚下さって助かりました。

その場で契約書をいただき、引っ越し代金をお渡ししました。

営業の方の接客がとても感じが良かったのも決め手の一つです。

引っ越し日当日

サカイ引越センターが大きなトラックでやってきました。

どうやら、他の引っ越しの人の荷物も載っているようでした。そのようにすることで、料金も少し抑えることが出来るようです。

男性2名で、ものすごく手際よく荷物の梱包、運びだしが行われていきます。早いだけでなく、家を傷つけないようにする気遣いもあって、とても感じが良かったです。以前こういった引っ越しの作業は2度程経験しているはずですが、この日ほど感心した記憶が無いので、やはりサカイ引越センターは営業も現場の方も素晴らしいのだと思います。

というわけで、私はかなりサカイ押しです(笑)

 車の引っ越しについて

これも迷って調べて実行したので、記しておきます。

ヤマト運輸等でも、自動車やバイクの運搬を行っていたりするので料金を調べてみたりしたのですが、どうにも高い!

引っ越し代や、生活家電の購入もあるというのにこの料金は出せないな~。。と困っていたところ、車の運搬を専業にしている会社をネットで見付けました。

宮崎県の油津港というところから、福岡の港や、関東だとお台場あたりの港まで船に乗せて沢山の車両を運ぶようでした。最近はオークションで車の売買が行われていたりするので、そういった車両の運搬の需要があるのでしょう。

実家から油津港は距離があったので、持ち込みのほうがその分安くはなるのですが、手数料を余分に支払い、実家まで取りに来てもらうことにしました。HPに記載がある、ドアTOドアコースです。
そして、東京から引っ越し先までも持ってきてもらえるように手数料を払い、宮崎からはるばる関東へ無事車はやってきました。車内も汚れることなく、すごくコスパが良かったと思います。

船で運ぶため、船の出航日に合わせて自分が思っているよりも早く業者に車を預けなければならなくなりましたが、想定外だったのはそれくらいでした。おかげで他業者よりだいぶ安く運搬することが出来ました。

料金はエリアによって変わってくるのでHPで直接ご確認下さい。
日本各地対応しているようです。

 車の運搬の会社HP YTK-goodup

 以上、転職に伴う引っ越し関係についてご紹介しました。




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です