2018年の夏休みはタイのサムイ島に行ってきたよ ② 

LINEで送る
Pocket

この旅行記にたどり着いた方は、きっと旅行好きな方だと思いますが、どの旅番組が好きですか?

わたしは「チョイ住み」「2度目の旅」シリーズがだいすきです!

この2つの旅番組のためにも、外付けHDD買おうかどうかって毎月お小遣いの使い道で数ヶ月迷っているんだよ。

ウーン。

木曜日は夕方と夜に2回も放送されるんだけど、夜は23時からなので視聴予約しててもいつも寝ちゃって見逃してしまうのであった。今夜のアルゼンチンは見る!

では、前回の続きのサムイ旅行記です。

前回の旅行記はこちら→2018年の夏休みはタイのサムイ島に行ってきたよ ①




まずは腹ごしらえだ!

いや~、昨日の夜はまいったまいった。
お腹ぺこぺこのベストコンディションで朝食に挑んでやる~!

トリップアドバイザー様による、こちらの事前のリサーチでは、サラマイリゾートの強みは、朝食がかなりのウェイトを占めているらしいのです。

朝食はホテルの庭で朝のさわやかな空気を感じながらいただけます。パラソルがあるので日焼けも心配無し!

種類の違うトースト2枚と焼き菓子、フルーツはスイカとマンゴーとマンゴスチンです。飲み物はフルーツジュースとホットコーヒー、ヨーグルト、蜂蜜と手作りのジャムが運ばれてきました。

卵料理は、3つから選べるようで、チーズとハムのオムレツをオーダーすると、キッチンで卵を溶く音が聞こえてきて出来たてが運ばれてきました。

これが卵ふわふわ~の、チーズとろとろ~で、んまんまでした!

TESCOに買い出しに行くぞ!

このバイクで2人乗りして、色んな所に繰り出しました。

最初は同行者もわたしもちょっとビクビクしながら乗っていたのだけど、慣れてきたらすごく楽しかったバイク移動。

ホテルのすぐ近く(3分くらい?)にあったTESCOに、お土産とお菓子を買いだしにやってきました。現地のスーパー、すき!

ナンプラーとかオイスターソース、同じ種類並べすぎ-!

キッコーマン!129バーツ。外国製の物は高価だ。

現地の味が手軽に作れるペーストシリーズ!
トムヤムクンとガパオのペーストをお買い上げ。

裏面に英語でも作り方が載っているので、女子向けお土産としてもお手頃(53円位)でオススメ。

初めて見るジュースがいっぱいで楽しい~!
ペットボトルではないけど、紙パックのグァバジュースを購入してみました。

お土産も大人買いして、600.50バーツのお会計でした。
荷物でいっぱいになったので、いったんホテルに荷物を置きに帰ります。

チャウエンビーチに行ってみた!

スーパーで買い物の後は、チャウエンビーチで海遊びすることにしました。ホテルの入口がビーチ前を陣取ってて、どこから入ればいいのかちょっと迷ったけど、こちらから入れました。たくさんのレンタルバイクが駐車されています。

写真中央がわたしです(笑)
せっかくなので泳いでみました。

同行者は、1人300バーツずつ搾取されたビーチチェアで荷物番をしてくれています。
パブリックビーチは高くつくなぁ・・・。椅子を貸すだけで1,050円とは、良い商売ですなぁー!

けど水は綺麗だし、水深と、ほどよい波もあるし、気温は心地良いし、すごく良い時間を過ごせました!結構ここでまったりしていました。

人気タイ料理レストランMalee Kitchenに行ってみた!

ビーチの後は、そのままバイクでランチへ。トリップアドバイザーで評価が高かったマリーキッチンに行ってみました。セントラルフェスティバルから近い場所にあり、行きやすいところにあります。

お店の雰囲気も良い感じです。トイレも綺麗でした。オーダーを間違えられましたが、接客も笑顔!

トムヤムクンは辛くするか聞かれたので、わたしの一存でノースパイシー発言をしてマイルドにしてもらいました。すっぱおいしい。トムヤムクンと空心菜がとても美味しかったです!

空心菜以外、全部に海老が入っててジャパン的には贅沢なのだが、次から次に繰り出される海老のこうげきが地味に効きました(笑)

その後ホテルに戻り、スコールが一降りした後はホテルのプールで遊んで肌寒さにプルプル。。そうこうしている内に夕方になったので、今日は監禁される前に夕食にレストランに繰り出すことにしました。

夕飯もタイ料理いっといた!

同行者の意向で夕飯もタイ料理になりました。ラマイビーチにある、サビアンレーレストランです。お店の入口には交通整理?の係の人もいて、夜は人気のレストランのようです。

店内には生け簀があり、新鮮なシーフードがいただけるお店です。

夕方、日暮れ後の暗くなる前のブルーな海と空。この景色を眺めながら食事が出来るなんて素敵です。

海に1番近い席に案内してもらえました。飲み物はレモンシェイク。すっぱくて爽やか(すっぱいのすき)

定番の空心菜のオイスター炒め、トムカーガイ、シーフードのチャーハン、パッタイを注文。このお店のチャーハンが、この旅で同行者は1番のお気に入りメシとなったようで、確かにとてもおいしいチャーハンでした。パッタイは、ケチャップなのかチリソースなのか、子供向けのメニューなのか微妙な味付けで箸が進まず。。パッタイ以外は、どのメニューも美味しくて雰囲気も抜群で、思い出深いレストランになりました。ラマイ地区は、チャウエンと違って静かなのでその点も私好みでした。

つづく。




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です