転職エージェントを利用して転職した話その2

LINEで送る
Pocket

前回は転職するにあたり、なぜ転職エージェントを利用することにしたのかについてを書きました。
今回はわたしが実際に転職エージェントを利用して、どんなメリットがあったのか、どのように転職成功するに至ったのかをご紹介したいと思います。

 転職エージェントを利用して転職した話

 


まず転職エージェントに登録する

 転職エージェントは何社も存在します。

大手だと、

 ・リクルート

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

・マイナビ

 それより規模が小さい所だと

 アットジーピー【atGP】

 などがあります。

それぞれ、エージェントによって特色があるので、それをリサーチして自分にあった転職エージェントに登録をしなければなりません。

 わたしの場合は、転職したい県が明確だったのでそのエリアに転職できる可能性があること、またエージェント会社に実際に赴かなくても電話で面談を済ませることが可能であることが転職エージェントを選ぶ上での条件でした。

 登録した2社はどちらも電話やメールのやり取りで仕事を紹介してもらえるため、県外への転職を希望する私にとってはとても助かりました。

 自分の履歴書や職務経歴書のインターネット版のようなものを登録し、DODAからの連絡を待つことにしました。

簡単に書きましたが、ここが一番肝心で大切な所です。

転職エージェントに登録するときは、企業に応募するつもりで自分の今までの職歴等を登録しましょう。ここを丁寧に登録し、情報をエージェントに知っていただくことで、自分にどのような求人を紹介してくれるかが違ってくると思います。

DODA担当者と電話面談

登録後、DODA担当者からメールで連絡があり、電話で面談をすることになりました。
前回書きましたが、わたしは仕事をしながらの転職活動だったため、仕事が終わっているであろう18:30頃に面談を希望したところ、遅い時間にもかかわらずDODA担当者は対応していただけるということで、この点はありがたかったです。
昼休みは1時間ありましたが、やはり面談は完全にプライベートの時間になってからでないと、話が長引いてしまった場合のことを考えると、落ち着いて話が出来る就業後の電話面談が理想でした。
私が担当してもらったDODAの方は女性でした。

なぜ転職を希望しているのか、希望するエリア、職種等を登録内容を参考にしながら電話面談でヒアリングされました。この時点で、自分の身体のことや今まで転職した理由などもお話ししました。
転職エージェントへの登録のとき、企業に応募するつもりで登録せよ!とお話ししましたが、電話での面談も然り、丁寧に、そして自分の転職への熱意が担当者に伝わるように接することが大切です。

エージェント担当者は、業者ではなく、この時点から仲間でありパートナーとなります。

良い印象を与えて、いい人材であることをパートナーにも示さなければなりません。これも大切なポイントとなります。

 その結果、電話面接の時点で「非公開求人」の中でわたしの希望に沿う求人があるということを教えてくれました。                                                                                                  

転職エージェントが持つ「非公開求人」とは

 非公開求人。転職エージェントのサイトを見ていると、会社名を伏せた上での簡単な求人情報であったり、「他非公開求人あり」といった言葉を目にしたことがあると思います。
これは、おおっぴらにはしていない公開されていない求人のことです。

企業はたくさんの求職者の中からいい人材を採用したい、いい人材に的をしぼって面談したいと思っています。ですので、あらかじめフィルターをかけていい人材を紹介してくれるエージェントを利用します。

エージェント側の事情としては、非公開にしておかないと、求職者がエージェントを利用せず直接企業に応募してしまうと、企業からもらえる成功報酬がもらえないということになるので、非公開にしておいて、ある程度フィルターをかけて応募者を企業に紹介し、契約が成立することで成功報酬をもらい、会社を運営しています。

このような両者の事情があり、転職エージェントのサイトでは、「エリア」「職種」「仕事内容」「就業条件」「給与」等は公開しておいて社名は公開せず、企業の希望する人材にマッチしていたら紹介してもらえる求人、「非公開求人」が確かに存在するのです。

面談後のエージェントからの求人紹介

 いくつか私の希望に合う求人を探してみるということで電話面談を済ませました。当日の夜には、今週中には求人紹介の県はご連絡しますとのフォローメールがありました。

登録はしたけど、1つも求人を紹介してもらえなかった」という言葉をネットで見たりしていたので、本当にわたしに合う求人を紹介してくれるのだろうか?と不安でした。

 3日後、求人の紹介のメールが届きました。

メールにはなんと9件の企業の求人の紹介が記載されていました。その中で、すぐに紹介していただけそうなのが5件ありました。

企業名、募集職種、給与や休日など詳細な求人内容もその時点でもちろん知ることが出来ます。

 じっくり求人情報を見た後、エリアや条件に合う求人を絞り、エージェント担当者と電話で話し、希望を伝えました。求人の中で、エリアも会社も自分にとってすごく魅力的なところがあり、そこを一番に進めていくということになりました。 

次回は、いよいよ面接、そして採用となった話です。




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です